ワークライフバランスの充実とキャリアアップを同時に図るには何が必要?

カテゴリ:

皆さんはワークライフバランスについてどう考えていますか?
ワークライフバランスは個人によって大きく違うもので、年代によっても感覚が違ってきます。
30代や40代など年齢を重ねると何らかの要因によって20代でできていたワークライフバランスがとれなることも少なくありません。
実は昔のワークライフバランスの考え方と最新のワークライフバランスの考え方は大きく違っているのをご存知でしょうか?
人生100年時代が到来している今、キャリアアップや昇進方法や仕方の変化が始まっています。
そこで今回は、今までのワークライフバランスの考え方と最新のワークライフバランスの考え方の定義、そしてワークライフバランスのメリット、心理的成功を目指す方法であるプロティアンキャリア法について説明していきます。

ワークライフバランスの最新の定義

今までの「ワークライフバランス」の考え方

今までのワークライフバランスは大変危険と言える考え方でした。一見すると何も問題はないように感じられるかもしれませんが、実際はプライベートの時間を増やすと仕事の時間が減ってしまう危険性があるなど、仕事に支障をきたしやすい考え方でした。
人間はその時の感情や体調など様々な要因によって自分を管理しています。
そんな中で、時間的な概念に捉われてしまうと、「もう少し仕事がしたいのにプライベートの時間に移行しなければならない」と一種の強迫観念のようになりかねません。
それでは思い通りにバランスを取ることができず、逆にストレスが溜まりやすい状態になってしまいます。

ワークライフバランスとは本来、仕事とプライベートの融和によるシナジーによって成果を上げる方法です。ワークライフバランスを考えているはずなのにストレスを感じるようでは意味がありません。

最新の「ワークライフバランス」の考え方

ワークライフバランスの考え方も時代や社会環境とともに変化しています。

最新のワークライフバランスの定義は、私生活と仕事のどちらかを犠牲にするものではなく、私生活と仕事の調和をとるための調整を行うということです。
元々今までのワークライフバランスはインターネットが普及したことによってますます仕事とプライベートを分けることが困難になっています。

最新のワークライフバランスではスキルや知識を私生活の中でインプットし、仕事でそれらをアウトプットしていきます。そうすることで生産性を向上させ、短時間で仕事を終わらせられるようにすれば働く時間も少なくなるといったように、仕事と生活を調和・調整することが本来のワークライフバランスの考え方なのです。

最新のワークライフバランスのメリットは、決まった時間に支配されることがなくなり、私生活でスキルや知識を身につければ成果が上げられやすくなるだけでなく、短時間で仕事が終わらせられるのでさらに私生活が充実するという好循環が完成することです。

ワークライフバランスの3つのメリット

ワークライフバランスを良好に保つことには様々なメリットがあります。ここでは代表的な3つのメリットをご紹介します。

人材確保・流出防止

ワークライフバランスを導入することにより、人材を確保しつつ優秀な人材が流出してしまうのを防ぐことができます。
出産や育児など様々な理由によってキャリアを断念せざるを得ない状況になるケースは数多くあるでしょう。
しかし、ワークライフバランスが導入されれば私生活と仕事の両立ができるようになるので、キャリアを継続しやすくなります。
優秀な人材を失うというリスクが無くなるため、新しく優秀な人材を探したり育てたりするといったコストがかからずに済むのが大きなポイントです。

何よりワークライフバランスによって仕事とプライベートを上手く両立できる企業は求職者にとって大変大きな魅力でもあるため、新たに人材を確保できるなど、企業にとっても素晴らしいメリットだと言えます。

生産性の向上

仕事とプライベートの両立によって社員のモチベーションがアップするだけでなく、企業にとっても無駄を省くための業務全体の見直しができることから生産性が向上します。
今までのワークライフバランスの考え方では逆に時間の確保に捉われてしまうので非効率的でしたが、最新のワークライフバランスであれば効率良く仕事とプライベートが両立できるので仕事とプライベートに精を出すことができるでしょう。

心身共に健康状態が向上する

ワークライフバランスは業務の効率化を第一に考えるため、在宅ワークなど柔軟な働き方を可能にします。
つまり、自宅で仕事をする、もしくは短時間で仕事を終わらせられることから社員の心身の健康状態を向上させることが可能です。
仕事ばかりに時間をかけていては過労や病気の原因になってしまいますし、働き過ぎは生産性を著しく下げる原因にもなります。
ですが、ワークライフバランスによって家族と一緒に過ごせる時間を確保したり、自分の時間を取ることができるので、たとえ忙しくても心身共に健康状態が維持・向上できるのが大きなメリットです。

心理的成功を目指すキャリア法 プロティアンキャリア論とは

このように最新のワークライフバランスを取り入れることでメリットの恩恵を受けることができますが、今までそんな考え方なんてしたことないし、いきなりやるとなっても不安ですよね。そんな方でも安心できるのが、自分自身の心理的成功を目指す考え方「プロティアンキャリア理論」です。

プロティアンキャリアとは?

プロティアンキャリアとは心理的成功を目指すキャリア法であり、プロティアンキャリア論とも呼ばれています。「環境の変化に応じて自分自身も変化させる柔軟性の高いキャリア形成」を意味しており、従来のキャリアと決定的に違うのは、プロティアンキャリアが個人を主体として考えていることです。
従来のキャリアは個人よりも組織を重んじ、権力や昇進を重要視して地位や給料を中心とし、組織評価が重要であるなど、徹底して組織全体を重要視しています。
しかし、プロティアンキャリアは逆に組織よりも個人を重んじ、自由や成長、満足度を重要視して心理的成功を図り、社会での市場価値を高めるなど、組織よりも個人を重要視したキャリア論となっています。

プロティアンキャリア戦略塾

この先もプロティアンキャリアが重要になることが予想されます。
それに備えてワークライフバランスの従来的な考え方を取り払い、仕事とプライベートを統合し充実させるキャリアを築くことが重要です。
そんなキャリア理論を身に着けることができるのが、「プロティアンキャリア戦略塾」なのです。
気になる方はぜひページ内から詳細をご覧下さい。

まとめ

昨今では組織内評価よりも自己評価が成功評価として重要視されるようになっているため、変化が激しい時代が到来しています。
社員はもちろん企業自体も安定した道ではなく、急激な変化によって社員を振り回すことになるでしょう。
そんな中で社員は一つのキャリアビジョンにこだわるのではなく、環境の変化によって自分自身が変われるような柔軟な対応が求められるでしょう。
それにはライフワークバランスを重視したプランを立てていくべきです。
興味がある人はぜひプロティアンキャリア戦略塾について調べてみてはいかがでしょうか。
※プロティアン説明資料をダウンロード