プロティアンキャリアとは

「Protean(プロティアン)」=思いのままに姿を変える神・プロテウスを語源としており、その名の通り、
「環境の変化に応じて自分自身も変化させる「柔軟なキャリア」を目指すキャリア理論が「プロティアンキャリア」です。

従来のキャリア論と何が違うのか

従来の考え方と比較をしてみると、

プロティアンキャリア 従来
個人が主体 組織が主体
自分がしたいことを重視 組織が求めることを重視
社会で生き抜く力を重視 組織で生き抜く力を重視
自己の成長、実現を重視 出世を重視
心理的な成功を重視 社会的地位、金銭を重視

この様な対比を描くことができます。そしてこの対比の通り、
終身雇用の考え方にもとづき組織内キャリア開発主体の考え方が「従来」のキャリア論であり、
昨今の大きな環境の変化によって必要となってきた考え方が「プロティアンキャリア」なのです。
※1976年に米国のダグラス・Tホール教授によって提唱された理論を田中研之輔教授(法政大学キャリアデザイン学部教授)が現代に合わせて深化させたもの

こんな人におすすめ

30代、40代、50代を中心に、組織内でのキャリア形成に行き詰まりや、キャリア(生き方)について満足感の薄さを感じ始めた、迷っている方。

もちろんそれ以外の年代の方も、「自分の幸せな状態」を取り戻したい、と思える方々におすすめの考え方です。

当協会が提供できるもの

セミナーや、講座を通して考え方の基礎から、キャリア支援領域のプロフェッショナルの方まで最新理論を基に学び、実践、研究が可能です。
自分の価値観(アイデンティティ)を理解し、変化する外部環境を予測して自身がどうなりたいかを考え、そこから逆算したキャリア設計から実践まで役立ちます。

またキャリアコンサルタントの方にとっても、求職者の方の幸せにつながるコンサルティング力を手にすることが可能です。