転職でワークライフバランスを改善できるのか?重視すべきポイントとは?

カテゴリ:

「仕事だけでなくプライベートも充実させたい」、「やりがいをもって仕事をしたい」と考え、ワークライフバランスの改善を転職理由とする人が増えています。
ワークライフバランスがとれることで仕事もプライベートも充実し、やりがいを感じながら働くことができるのです。
今回の記事では、転職でワークライフバランスを改善するメリットとデメリット、転職する時に重視するポイントについてご紹介します。

ワークライフバランスとは?

一般的な転職理由には「年収をアップさせたい」、「スキルアップしたい」などが挙げられますが、近年はワークライフバランスの改善を転職理由とする人が増えてきました。
ワークライフバランスとは「仕事と生活の調和」を意味し、仕事以外の生活(プライベート)も充実させることで仕事での生産性が上がり、より充実した生活を送ることができる生き方のことです。

プライベートを犠牲にした働き方では仕事へのモチベーションが保てず、仕事へのやりがいを感じることができません。
プライベートで経験したことや得た知識を仕事で活用したり、休養を取ってリフレッシュしたりすることで効率よく仕事の成果を上げることができるのです。
仕事とプライベートのバランスがうまく取れる環境で働くことが、充実した人生を送るために重要です。

ワークライフバランスが良い状態とは

プライベートで家族とコミュニケーションを取る時間自分の趣味の時間をしっかりと持ち、やりがいを感じながら働くことができる状態が、ワークライフバランスが良い状態です。
また、ライフステージの変化や年代によって働き方を選択できることも重要となります。

次のようなケースは、ワークライフバランスが良い状態と言えます。

  • 効率よく仕事を終わらせ、早めに帰宅して家族と団欒の時間を持つ
  • 有給休暇で趣味の時間を十分に持ち、リフレッシュすることで仕事へのやる気がでる
  • 育児中なのでテレワークで働き、心身の余裕をもって育児も仕事も行うことができる

仕事とプライベートのどちらかを犠牲にする働き方ではなく、ライフステージの変化に応じて仕事とプライベートの割合を決めることが大切です。
「プライベートを充実させることで仕事のパフォーマンスが良くなる」という相乗効果ができていることが、ワークライフバランスが良い状態なのです。

ワークライフバランスが悪い状態

ワークライフバランスが悪い状態では仕事とプライベートのバランスが取れず、仕事もプライベートもうまくいかなくなってしまいます。
特に仕事中心になりプライベートの時間を犠牲にしてしまうと、心身ともに余裕がなくなり仕事へのやりがいも感じなくなってしまうのです。

次のようなケースは、ワークライフバランスが悪い状態と言えます。

  • 毎日残業で帰宅するのが遅く、自宅には眠りに帰るだけ
  • 育児と仕事の両立が大変で、仕事でも家庭でも余裕がない
  • 休日出勤が多くて家族とコミュニケーションを取る時間がない

「残業時間が多く、帰宅しても何もする気が起きずに寝るだけ」という生活では、十分リフレッシュできずに仕事で良いパフォーマンスを出すことができません。
また、女性は結婚や出産でワークライフバランスが取れなくなるケースが多いため、育児休暇・時短勤務・テレワークなど女性が働きやすい環境を整えている企業で働くことでワークライフバランスがとりやすくなります。

ワークライフバランスを考えだす時期

ワークライフバランスを転職理由とする人が増えていますが、働く人々がワークライフバランスを考え始める時期はいつ頃なのでしょうか。
ワークライフバランスを意識し始める年代について説明します。

30代、40代で考える人が多い

ワークライフバランスを意識して考えるのは、結婚や出産などのライフイベントが起きて働き方を考え始める30代将来のキャリアを意識し始める40代が多いです。
20代でもワークライフバランスを考える人もいますが、まだまだ体力があるので仕事に集中する人が多い傾向にあります。
30代、40代であってもワークライフバランスを改善するために転職することは可能です。
現在の職場ではワークライフバランスを改善できないと考えるのであれば、転職を検討しましょう。

転職することでワークライフバランスは改善されるの?

転職することでワークライフバランスを改善することはできます。
ですが、ワークライフバランスの改善にはメリットだけでなくデメリットもあるので確認しておきましょう。

ワークライフバランス改善のメリット

ワークライフバランスが改善されることで、長時間労働の減少休日出勤の減少勤務時間や勤務場所の選択肢の増加などのメリットがあります。
自分に合った勤務時間や勤務場所を選択できることでプライベートの時間に余裕ができ、家族との団欒や趣味の時間を取ることができるようになります。
プライベートの時間が充実すれば仕事のスキルアップやリフレッシュのための時間を確保できるので、仕事のパフォーマンスが上がるというメリットもあります。

ワークライフバランス改善に取り組む企業では、残業時間を減らすために業務フローの見直しや残業原因の分析を行い社員が働きやすい環境を整える対策をしています。
ワークライフバランスを推進することで優秀な人材が退職してしまうことを防ぎ、社員の仕事へのモチベーションを上げることができるので企業側にとってもメリットがあるのです。

ワークライフバランス改善のデメリット

ワークライフバランスを良くするために転職したものの、ワークライフバランスを改善した後に新しい問題が出てしまうこともあります。
例えば、ワークライフバランスを良くするために残業の少ない企業に転職したものの、残業が減った分だけ給料が減ってしまうというケースがあります。
給料の減少が許容範囲であれば問題ありませんが、あまりにも給料が減ってしまうとプライベートで使える費用が減ってしまうので転職後の給料については事前に確認しておきましょう。

また、時間の都合がつきやすいテレワークができる会社に転職したものの、「テレワークではコミュニケーションがとりにくく仕事がうまく進まない」という事実に直面することもあります。
この場合はテレワークのみの勤務ではなく、「週に数回は出社する」という勤務形態であれば解決できるでしょう。

まとめ

ワークライフバランス改善のために転職をする場合には、「どういった働き方であればワークライフバランスを改善することができるのか」を明確にしましょう。
例えば、「給料が減っても残業が少なく、家族との時間が取れる働き方が良い」、「長期旅行をして見聞を広げたいので、長期の有給休暇が取れる働き方が良い」など自分にとってワークライフバランスがとれる働き方を分析することが大切です。自分自身がワークライフバランスを改善できる条件をしっかりと把握しておけば、転職先でワークライフバランスを改善して生き生きと働くことができます。

また、業種によっては定時に退社したり、自由に有休休暇を取得したりできないことがあります。
ワークライフバランスを改善したいのであれば、働いてきた業種にこだわりすぎずワークライフバランスを改善できる業種への転職を検討してみましょう。
積極的にワークライフバランスに取り組んでいる企業であればワークライフバランスの改善がしやすくなるので、企業の公式サイトなどで情報取集をすることをおすすめします。

さらに、ライフステージの変化や年代によって求めるライフワークバランスは異なります。
変化が起きたときや将来の変化に合わせて、どうしたらワークライフバランスの取れる働き方ができるかを考えましょう。また、「どうしたら自分に合ったワークライフバランスを実現できるか」を戦略的に考える必要もあります
プロティアンキャリア協会では、ワークライフバランスの分析と戦略的な実現方法をサポートしています。
「転職してワークライフバランスを改善したい」、「やりがいを感じながら働きたい」と感じているのであれば、プロティアンキャリア協会と一緒にキャリア形成を考えてみませんか。

※プロティアン説明資料をダウンロード