スキルアップのために転職がしたい!転職先でスキルを磨くためのポイントとは?

カテゴリ:

転職理由ランキングで最近増えているのがスキルアップ・キャリアアップ

転職の理由は様々ですが、スキルアップ・キャリアアップを目的としたポジティブな転職理由が最近増えてきています。
多くの人がスキルアップ・キャリアアップを転職理由とする中で、自分自身でどのように差をつけて、希望先の企業に転職できるのかが重要になります。
ここでは、転職理由として多い理由をランキング形式で紹介していきます。

転職理由1位 やりたい仕事がある

希望の会社に入社したものの、実際に仕事を始めてみると思っていた内容ではなかったという人が多いです。
内定がなかなかもらえない焦りから妥協して入社した結果、仕事に興味が持てない、面白くないと感じることもあります。
仕事の内容に満足できずやりがいを求めて転職をする人が多いようです。

転職理由2位 給与に対する不満

仕事を頑張っても、会社の業績に貢献しても、給与が増えないと納得できないと思いますよね。
頑張った分だけ年収が上がることを期待して転職する人もいるようです。

転職理由3位 残業が多い

ワークライフバランスを意識して転職する人が増えています。
毎日残業ばかり、休日も少ないとなると、やる気が失われていきます。
個人の時間を確保し、仕事とプライベートを両立するために転職を検討するようです。

転職理由4位 専門知識を身に付けたい

もし会社が倒産したらと考えたときに、なんのスキルもないと不安に感じてしまいます。
専門知識やスキルを持っていれば、転職活動に自信をもって臨むことができます。

転職理由5位 新たな経験を積みたい

同じ会社に長く勤めていても、新たな経験を積む機会は少ないです。
転職することで、今まで経験したことがない仕事や新たな知識を身に付けることができ、自身の成長につながります。

20代でも転職とスキルアップをおすすめする理由

企業に入社したばかりの20代だと、まだ経験も少ないので転職できるかどうか不安になりますよね。
ですが20代のうちであれば、今のスキルよりこれからの成長に期待されることがほとんどなので、転職しやすくなっています。
企業としては、30代・40代を採用するより20代を採用して教育する方がコスパがよいと考えるからです。
社員を教育して成長することを期待している企業なら、転職してスキルアップしたいと考える人とマッチするので、採用される可能性が高くなります。

ただし、転職理由でスキルアップが目的と答えてしまうと、すぐに会社を辞めてしまうのではないかと思われる可能性があるので、会社に対してどのように貢献したいと考えているのか、どのように役に立つのかをアピールすることが重要です。

転職先でスキルアップできる人の特徴

目標設定が明確になっている

スキルアップできる人は、目標設定を明確にして行動しています。
スキルアップするためには、具体的な計画をもって行動することが重要です。
目標設定を明確にすることで、目標を達成するために何をすべきかが分かるようになります。

将来のビジョンをしっかりと把握できている

スキルアップできる人は、将来のビジョンをしっかりと把握できています。
自分の理想とする将来像に近づくためには何をすべきかを理解して行動しましょう。
スキルを身に付けることが目的ではなく、将来を見据えてスキルを身に付けることが重要です。

自分にとって困難な状況でも自己成長を図れる人

自分にとって困難な状況でも自己成長を図れる人は、転職先でもスキルアップできます。
人が成長するためには、ある程度の負荷は必要です。
自分にとって難しい仕事をすることや環境に負荷をかけることでスキルアップできるようになります。

転職先でスキルアップできない人の特徴

目標設定が明確ではない

目標設定を明確にしていなければスキルアップできません。
スキルアップするためには具体的な計画や目標設定が必要です。

将来のビジョンがあやふや

将来のビジョンがあやふやだとスキルアップできません。
どのようなポストでどのような仕事をしたいのか、目指しているポジションはなにかといった将来のビジョンを把握して行動することが重要です。

ストレスのない職場を理想としている

スキルアップできない人は、ストレスのない職場を理想としています。ストレスがないほうがよい、楽をしたいと考えていては成長できずスキルアップできません。
転職先でスキルアップしたいなら、ストレスがあるかどうかや楽かどうかで判断するのではなく、どれだけ成長できる環境なのかが重要です。

スキル・キャリアアップ転職で失敗しないためのポイント5つ

スキル・キャリアアップを目的として転職する場合は、下記の5つを意識して転職活動をすることが必要です。

  • 自分に合ったキャリアプランを明確にする
  • 自分自身の為になるキャリアアップが可能な企業を探す
  • 待遇面にこだわりすぎないようにする
  • スキルやキャリアは応募企業のニーズに合わせてアピールをする
  • 新しい環境にも適応できる事とやる気がある事を面接時に伝える

スキルアップができる人、転職活動で失敗しないポイントで共通することは、自分自身の目標やキャリアが明確であることや、将来のビジョンを見据えられているかになります。

自分に合ったキャリアプランを明確にする

戦略的なライフプランによるキャリアプランを立案すれば、スキル・キャリアアップ転職で失敗しません
5年後にはどのような仕事をしていたいのか、10年後のポジションはどの程度なのかといった具体的なキャリアプランを立てることが重要です。
5年後・10年後の目標を達成するためには、どのような企業に転職する必要があるのかという視点で転職先を選びましょう。

自分自身の為になるキャリアアップが可能な企業を探す

スキル・キャリアアップ転職で失敗しないためには、スキル・キャリアアップの目的を達成できる企業かどうかを事前に吟味する必要があります。
以下のような企業では、中途採用した人材に対しても責任のある仕事を任せてもらえる可能性が高くなっています。

  • ベンチャー企業
  • 外資系企業
  • 成果主義の企業

求人情報を確認するときには、自身が成長できる可能性の高い企業なのかを意識しておきましょう。

待遇面にこだわりすぎないようにする

転職時の優先順位にもよりますが、転職でスキル・キャリアアップをしたいのであれば、待遇面をこだわるより自身の成長につながる企業かどうかにこだわる方が重要です。
収入等は重要ですが、待遇面を気にしすぎるより長期的な視点でスキル・キャリアアップにつながる企業を選んだほうがよいでしょう。

スキルやキャリアは応募企業のニーズに合わせてアピールをする

転職でスキル・キャリアアップをしたいのであれば、応募企業のニーズに合わせてアピールをしましょう。
応募先の企業で自分のできることをアピールするより、企業の求める人物像とマッチしていること、いかに企業にこうけんできるかをアピールすることが重要になります。

新しい環境にも適応できる事とやる気がある事を面接時に伝える

スキル・キャリアアップ転職で失敗しないためには、新しい環境にも適応できる事とやる気がある事を面接時に伝えることが重要です。
採用する企業にとっては、なにができるかだけでなく、企業でうまくやっていけるのかも大事な要素です。

まとめ

キャリア、スキルアップを考えた場合に重要なのは、転職とは限りません。
転職がよいのか現職を続けるのがよいのか、もしくは起業するのがよいのか、自己分析をしないとどの選択が適切なのかはわかりません。
自分自身の過去や将来の展望などをしっかり把握した上で意思決定の軸を持つことが重要です。
自分の中で軸を持つことができれば、自分で悩んだり詰まったりしたときに現状が適切であるかを振り返ることもできます。
そのために自己分析をした上で自分自身に合った方法でキャリアアップ・スキルアップを目指すことと、またそれをいかに実現させるかという戦略的な視点を持つことが大切になってきます。
当メディアを運営しているプロティアンキャリア協会では上記2つの活動を支援する団体として組織されております。人生においての心理的成功を目指し、そのためのオーダーメイドの戦略的なキャリア開発を支援し続けております。
皆様も一度プロティアンキャリア協会について調べてみてはいかがでしょうか。

※プロティアン説明資料をダウンロード