今こそ、
主体的なキャリア開発を歩み始めるとき。

Philosophy 協会理念

  • プロティアン・キャリア理論の普及による組織と個⼈のより良き関係の創出と
    個⼈の主体的な⾃⼰変⾰型キャリア開発⽀援

    ※『プロティアン・キャリア』とは、1976年にボストン大学経営大学院のダグラス・ホール教授が提唱したキャリア理論。『プロティアン』とは、ギリシア神話に登場する自分の意思で自由自在に姿を変えることができるプロテウスの神。その神の化身とキャリアを掛け合わせた新しい概念が、『プロティアン・キャリア』社会や環境の変化に適応しながら、柔軟に仕事や働き方を変えていく変幻自在なキャリアを意味する。社会的ニーズにあわせて、変幻自在に自ら主体的にキャリアを形成していくことができれば、この先どんな変化があっても自分らしく働いていけると考えるもの

Representative Profile 代表者情報

田中 研之輔

法政大学キャリアデザイン学部教授 専門:キャリア論 一橋大学大学院社会学研究科博士課程を経て、メルボルン大学、カリフォルニア大学バークレー校で客員研究員をつとめる。博士(社会学)。大学と企業をつなぐ連携プロジェクトを数多く手がける。著書24冊。『辞める研修 辞めない研修―新人育成の組織エスノグラフィー』、『先生は教えてくれない就活のトリセツ』、『覚醒せよ、わが身体。』、『丼家の経営』等。企業の取締役、社外顧問を15社歴任。(連載)日経ビジネス・日経STYLE・プレジデントオンライン 他多数。最新刊に 『プロティアン』(日経BP)


『プロティアン・キャリア』とは、自ら主体的にキャリアを形成していく理論的かつ実践的な構えです。日本型雇用が歴史的な転換期を迎え、社会構造も大きく変化する中で、組織にキャリアを預けることがリスクであることをまず、受け止めることから始めましょう。終身雇用の制度疲労、通年採用へのシフト、働き方を取り巻く諸制度が大きく変化していく中で、私たちも社会ニーズに適合し、変幻自在にキャリアを形成していかなければなりません。にもかかわらず、私たちビジネスパーソンは、経営戦略や事業戦略について常日頃から考えているのに、一番大切なキャリア戦略について深く洞察する機会がありません。この10年、20年の日本企業はグローバルシーンで十分な存在感を発揮できていません。一人一人のビジネスパフォーマンスを高めていく。現状を打破し、変化に対応し、自らキャリアをハンドリングしながら、戦略的にキャリア開発をしていくことが求められています。『プロティアン・キャリア』は、人生100年時代を生き抜く働き方と生き方のモデルです。今を見つめ、これからのキャリア戦略を練っていく。プロティアンなキャリア形成により、自分らしく働く一助になればと当協会を設立いたしました。さあ、プロティアンなキャリア形成への第一歩を踏み出しましょう! 


有山 徹

4designs株式会社代表取締役CEO

2000年に早稲田大学卒業、大手メーカーに就職後、経営コンサルティング会社を経て一部上場のIT企業、デジタル広告企業、ベンチャー企業での管理本部長や経営企画にて中期経営計画策定等の戦略策定並びに大手外資系PEファンドのMBO/IPOプロジェクトグループERPプロジェクト、M&A案件等の数多くのプロジェクトを推進、早稲田大学大学院MBA。
2019年7月に経営コンサルティング、キャリア支援事業を行う4designs株式会社を設立。2020年3月共同代表の法政大学キャリアデザイン学部田中研之輔教授と一般社団法人プロティアン・キャリア協会を設立。2020年5月より「プロティアン・キャリア戦略塾」を立ち上げ。


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で多くの会社が厳しい状況に陥っています。ワクチンができるまでまだ1年以上かかるといわれ、今後も一定期間はこの状況が続くことが想定されます。終身雇用・年功序列・新卒一括採用という日本型雇用制度の歪みが顕在化したところに、コロナウィルスが発生し、今後は働くことの価値観も今までの画一的なキャリアの考え方からの大きな変化が求められてきています。

だからこそ日本人の多くの方が主体的に自身としっかりと向き合って、各個人が働く意味、生きる意味を再定義したうえで、主体的に将来のキャリア戦略を策定し、自分らしく働く人を一人でも増やすためこのプロティアン・キャリアを拡げていきたいと思っております。協会の活動としては、プロティアン・キャリアの考え方を広めるための様々な取り組みにより、一人でも多くの方がオーナーシップをもってキャリア開発取り組み、経済的成功だけではなく、自身の価値観に沿って心理的に幸福と感じて働く人が増えていく一助になれればと思っております。


Director 理事

和泉 昭子

生活経済ジャーナリスト/ファイナンシャル・プランナー/人財開発コンサルタント

大学卒業後、出版社・放送局を経て、フリーのキャスターに転身。 NHKを中心に、ニュース・情報番組を担当。 95年CFP ® (ファイナンシャル・プランナー上級資格)取得後、 現職へ。 現在は、メディア出演や講演活動、個人相談などを通じて、マネー、キャリア、コミュニケーションに関する情報を発信。 テレビ・ラジオのコメンテータ、新聞・雑誌・書籍の執筆監修を行う。 株式会社プラチナ・コンシェルジュでは取締役会長を務め、ライフプランシミュレータの開発支援、金融機関や事業会社に対するコンサルティングなどを手掛ける。 不確実な時代、個人の自律的な生き方を促進するため、マネープランとキャリアプランを融合した、総合的なライフプラン構築を提唱。国や地方自治体に対しては、「自立のための安心」をベースとした提言を行うなど、幅広く活動している。


古川 周賢老大師

臨済宗妙心寺派 乾徳山恵林寺 住職

東京大学大学院人文社会系研究科博士課程を修了、博士号取得。平成9年京都紫野大徳寺専門道場に掛搭。平成23年山梨県甲州市塩山妙心寺派乾徳山恵林寺副住職、同26年住職に就任。各地の講演会で禅について、また禅僧の観点から社会問題について熱く語り、恵林寺の坐禅会には遠方からも参加者が集まる。2016年 NHK SWITCHインタビュー達人達「立川談春×古川周賢」出演。 2014年より慶應MCCでの禅による生き方講座の講師


黄瀬 真理

プロティアン・キャリア協会広報責任者(複業)
国家資格キャリアコンサルタント/キャリアカウンセラー(米国cce認定Gcdf-Japan)
プロティアン・キャリア戦略塾第1期生

大学卒業後、システム開発を経て、人材業界へ。人材業界での経験約13年。
前半10年は大手転職支援企業でキャリア相談、求人紹介、面接アドバイス、売上管理など幅広く従事。
現在は、BtoBキャリア支援の企業で広報&マーケティングリーダーを担当。
複業で一般社団法人プロティアン・キャリア協会 広報担当責任者を担当。

Company Profile 概要

正式名称
一般社団法人 プロティアン・キャリア協会
オフィス
〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-2-9新宿ワシントンホテルビル本館2F
代表理事
田中 研之輔 / 有山 徹
理事
和泉 昭子 / 古川 周賢
設立
2020年3月31日
事業内容
プロティアン・キャリア理論に基づくキャリア開発の推進
  • プロティアン検定の開催、実施
  • キャリア講座の認定
  • プロティアン・キャリアに関する情報発信
  • キャリア関連法人事業者との提携
  • キャリアコンサルタント等との連携
  

サービスの詳しい案内、その他疑問、ご質問などの方は、
以下お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。